ウッドデッキをDIYで作ろう!材料をホームセンターで買う?通販で買う?比較してみました!

生活
この記事は約4分で読めます。

ウッドデッキを自作で作る家族が増えています。
得意な人は良いですが、初めてDIYに挑戦するときは材料をどこで買った方が良いか迷いますよね?
そんなときに参考になれば良いと思い、材料はホームセンターで買うべきか、通販で買うべきか調べてみました。

ウッドデッキをDIYするときの費用

まず初めにウッドデッキを自作でDIYするときの費用が気になりますよね。
経験者に話を聞くと大体2万円くらいに材料費を抑えて作っているようです。

敷地の広さや完成イメージによって費用は変わってくると思いますが
大体2万円でウッドデッキをゼロから作った人は多いです。

ちょっと自分にはゼロから作る自信がないって人は
ウッドデッキキットなるものが売っています。


金額的には2万円を超えますが
材料を買いに行ったり、切ったり、組み立てたりする時間的費用を考えたり、
材料を間違ったときの買いなおし、作り直しを考えたらこっちの方が自分の家族には合ってると
思う人も多いかもしれません。

ウッドデッキの材料をホームセンターで買う編

ウッドデッキの材料としては、ハードウッドと呼ばれる木材で作ると長持ちするということです。
ハードウッドの中でも比較的、加工のしやすい木材はイタウバと呼ばれている木材です。
イタウバはクスノキ科の広葉樹で水にも強く耐久性のある木材になります。

ウッドデッキは完成したときは綺麗な仕上がりだったとしても、毎日の日差しや雨に濡れたり、皆が上に乗って使っていると劣化していくものです。

ホームセンターでよく売られているソフトウッドと呼ばれるSPF材を使うとするとすぐに朽ちて腐ってしまうようです。SPF材を使ったウッドデッキであれば毎年メンテンナンスで塗料を塗るなどしても5,6年持てば良いくらいとかいう感じです。メンテナンス費用も考えて木材選びはした方が良いです。初めの費用は高くてもハードウッドと呼ばれる木材を購入することをオススメします。

ただ、ソフトウッドでもハードウッドでも全く腐る気配がないといっている人もいます。

あとは、ホームセンターで購入する場合は購入後の材料を運ぶ段取りもしておかないといけません。
ホームセンターでトラックの貸し出しをやっているか、自前で準備をする必要があります。

いま、世界的に木材の品薄状態になっています。
「ウッドショック」という言葉をきいたことがありますか?
こちらの記事で詳しく解説しています。

ウッドショックとは?原因と今後の影響を調査しました!【2021年現在】
いま、世界で木材需給が逼迫する「ウッドショック」が発生しているをご存知ですか?日本お木材のほとんどあ海外からの輸入木材に頼っています。このウッドショックの影響が日本に及んでいます。今回のウッドショックの原因は何なのか?木材を使う住宅業界のみならず、今後の生活への影響を調査してみました。

ウッドデッキの材料を通販で買う編

近くにホームセンターがあって、大きな車を持っていたらホームセンターに買いに行くのもよいですが、最近はネットで購入する方が価格も安く、ホームセンターに比べて木材の選択肢も多いので通販で検討する人も増えています。

通販で購入するメリットは種類が多いので比較しながら選べます。ほしい木材が決まっていたら自宅にいながら探すことが出来ます。ホームセンターは在庫が限られているのでそうはいきませんね。
また、家まで届けてくれるのはありがたいです。

ただ、現物を見ないと分からない人や店員さんに聞きながら購入したい人にはオススメできない購入方法かと思います。ある程度、材料の目星が付いていたらネットで購入するのは良いですね。

まとめ

ウッドデッキの材料をホームセンターで買うか通販で買うか比較してみましたが、
経験者か未経験者かで準備のやり方が変わってくるのかと思います。

経験者は木材の種類や加工方法などわかっているので通販で目的の木材を探して集めていけば自作でウッドデッキは作れると思います。

未経験者は通販で購入するより、ホームセンターで現物を見ながら購入した方が失敗は少ないと思います。冒頭で紹介したウッドデッキキットもあるのでまずはそこから挑戦してみるのも良いかもしれません。

また、ウッドデッキを自作で作る際に工具も必要になります。
そういった費用や時間も比較してウッドデッキ作りに挑戦してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました