ゲリラ豪雨と線状降水帯の違いは?発生の原因や予測と対策方法をまとめました!

生活
この記事は約4分で読めます。

最近、雨が降るとよく聞く言葉。
「ゲリラ豪雨」「線状降水帯」

2つの言葉の意味や違いはあるのか調べてみました。
また、異常気象など自然災害で被災したり、避難を余儀なくされるニュースも増えてきているので
事前に予測出来るのか、対策方法はどんなものがあるのかまとめました。

ゲリラ豪雨とは

ゲリラ豪雨というのは集中豪雨のことを表現する言葉の1つで正式な気象用語ではありません。
突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨のことを「ゲリラ豪雨」と一般的に呼ばれるようになりました。戦争や紛争のときの奇襲のことをゲリラ戦などと表現することからそのように呼ばれるようになったということです。

線状降水帯とは?

線状降水帯とは雨を降らせる雨雲(積乱雲)が次々と発生して、数時間にわたってその地域に停滞したり、通過し続けることで大雨を降らせる原因になる雨域のことを言います。
昔は集中豪雨と表現されていて、地域ごとに集中豪雨災害として大雨警報などが出て避難指示があったりしていました。最近になって線状降水帯という言葉が出てきましたね。

ゲリラ豪雨と線状降水帯の違いは?

ゲリラ豪雨と線状降水帯の違いは、簡単にいうと

ゲリラ豪雨は狭い範囲で短時間に集中的に大雨が降ることで
線状降水帯はある一定の時間、一定の地域で大雨が降り続けることです。


まとめてみると、全然意味が違いますね。

どちらも集中的に大雨が降ることには変わりないので災害が発生することが多々あります。

発生の原因や予測は出来るのか?

発生の原因は?

ゲリラ豪雨や線状降水帯の発生の原因、メカニズムは、急激に発達する雨雲(積乱雲)です。
日差しで地面が熱せられて地表近くの空気の温度が上がったり、
暖かい空気と寒気がぶつかったりすると、上昇気流が起きます。
強い上昇気流は雲を作りながら、垂直方向にぐんぐんと大きくなり、
大きな雨雲(積乱雲)になります。
ここに海風など暖かく湿った空気が吹き込むと、雲の中に大量の水が蓄えられ、
支えきれなくなったところで一気に雨となって降り注ぎます。

なのでそういう現象が起こりやすい地域でゲリラ的に豪雨が発生しています。
地形としては、海に広く開けた地域や山がある地域です。
海から暖かく湿った空気が流れてきて、山にぶつかって上昇する。
それが雨雲(積乱雲)になって大雨を降らせるというメカニズムです。

予測は出来るのか?

ゲリラ豪雨の予測に関しては、気象庁や研究機関などが雨雲レーダーの解析や専門のソフトで研究解析を進めていますが、未だ完全に予測するまでには至っていません。

ですが、個々人で予兆を感じることは出来るかもしれません。

  • 真っ黒い雲が近づく
  • 周囲が急に暗くなる
  • 雷鳴が聞こえる
  • 雷光が見える
  • 急にヒヤッと冷たい空気が吹き出す
  • 大粒の雨やひょうが降り始める

自分のいる場所にこんな現象が起こったら注意すべき現象かもしれません。

対策方法とは?

ゲリラ豪雨や線状降水帯の集中豪雨の影響で起こる災害として、
河川の氾濫による床下浸水、床上浸水や土砂くずれなどが考えられます。
予兆を察知したら、建物に非難するのが大切になります。
そのあとは、ニュース情報を元に警戒レベルの指示を確認して、
地域の実情に合わせて避難が必要になることもあると思います。

事前に出来ることとしては、

  • 避難地域、防災マップの確認
  • 防災グッズの準備
  • 家族で災害時の行動の事前確認

が大切になると思います。

まとめ

ゲリラ豪雨と線状降水帯の違いについて知識として知ることは必要かもしれませんが
もっと大切なのは、自分や身近な人が災害に巻き込まれないように予測すること、対策することだと思います。矛盾していますが予測できないのが自然災害なので、万が一、被災してしまったときにも慌てず、的確に行動して、大切な人も守れる1人1人でありたいものです。

バイキングに出演している天気予報士が面白い!芦原瑞文さんの経歴を紹介!
バイキングにたまに出てくる天気予報士の芦原瑞文のキャラが面白いとひそかに話題になっています。 天気予報士っぽくない話し方や反応で周りの出演者からいじられています。 そんな芦原瑞文さんの学歴や経歴、結婚しているのかなど調べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました