猫の夜鳴きがひどいときの対処方法!なぜ鳴いているのかしっかり見てあげよう!

生活
この記事は約4分で読めます。

猫の夜鳴きがひどいときは、去勢もしくは避妊手術を受けさせる、

猫を日中にたくさん構ってあげるなどしていきましょう。

家に連れてきた子猫の場合は、不安で夜鳴きしていることが多いので、

親や兄弟の匂いがついたタオルをそばに置いてあげると良いですよ!

猫の夜鳴きがひどいと、うるさいし近所迷惑になる可能性も…。

そこで今回は、猫の夜鳴きがひどいときはどうしつけるのが良いのか、 また夜鳴きは無視しても良いのかなど、対処法を詳しく紹介します。

猫の夜鳴きがひどいときはしつけるべき?うるさいときはどうしたら良い?

猫の夜鳴きがひどい場合、しつけをする前に飼い猫が発情期になっていないか、

年齢をチェックし、発情期に入っているのなら、去勢か避妊手術を受けさせましょう。

ただし既に去勢、避妊手術済みなのでしたら、

猫を日中にたくさん構ってあげるのが、夜鳴き対策のしつけに繋がりますよ。

基本的に猫の夜鳴きがひどい状態になってしまうのは、

猫が成長し発情期を迎えてしまったからという理由が一番多いんです。

発情期に入ってしまっていると、夜鳴きはしつけでどうにかなる、

というものではないので、早めに去勢か避妊手術を受けさせましょうね。

我が家にも猫がいるんですが、やっぱりもう去勢済みですよ。

そのため、発情期になり夜鳴きをするということはありませんでした。

猫は発情期になると夜鳴きをするだけでなく、

外に出たがったりして、脱走する可能性がありとても危険!

そうならないためにも、ぜひ発情期を迎えているなら、

しつけより前に、去勢もしくは避妊手術を受けさせてくださいね。

ただ、既に去勢や避妊手術を済ませているにも関わらず、

猫の夜鳴きがひどい場合は、飼い主に構ってもらいたいという、

気持ちが強いんですよ。

この場合、夜鳴きをやめさせるしつけとして、

日中にたくさん構ったり遊んであげたりするのが効果的。

日中に飼い主さんとたっぷりスキンシップがとれており、

なおかつ疲れさせるまで遊んであげているのであれば、

夜は猫も寝てくれます。

しつけをする、というよりも猫が夜鳴きをしないように工夫する、

ということが大事になってくるんですね!

ぜひ飼い猫の夜鳴きがひどい場合は、しつけではなく、

必要ならば手術を受けさせたり、日中に疲れさせて夜は眠るように、 工夫をしていきましょう!

猫の夜鳴きをやめさせるのは無視するのもアリ?原因や理由も考えてみましょう!

猫の夜鳴きは発情期によるものでなければ、

無視をしてしまっても大丈夫ですよ!

ただ、飼い猫が家に連れてきたばかりの子猫で、

親兄弟を恋しがって夜鳴きしているということも考えられます。

その場合は親兄弟の匂いがついたタオルを猫のそばに置いてあげると、

とても安心して夜鳴きをしなくなりますよ。

でも、発情期でなければ、

基本的に猫の夜鳴きは無視をしてもアリなんです。

特に寂しがったりしているのでしたら、

猫の要求通りにするより、無視をしてしまった方が、

猫はだんだんと諦めるでしょう。

我が家の飼い猫も、うちに連れてきた当初は、

寂しさから夜鳴きがひどかったのです。

でも、あえて無視をすることで、だんだんと夜鳴きはしなくなり、

そのうち自分から、私と夫が寝ているベッドまでやって来て、

夜は一緒に寝るようになりました。

確かに猫が夜鳴きをする理由は色々とあるものの、

いちいち構わずに、無視をしてしまうのもOKなんです。

確かに猫の要求にばかり応じていると、

飼い主さんも疲れてきてしまいますもんね…。

出来れば夜鳴きはひどい場合でも、

ただ単純に寂しがっているというだけの理由なら無視をしていきましょう。

でも、必ず猫が飼い主さんの近くに行けるようにだけはしておいてくださいね。

すると猫は寂しがっていても、飼い主さんを本当の親のように思って、 近くで一緒に寝るようになり、夜鳴きもしなくなりますよ!

まとめ

猫の夜鳴きがひどいのは、発情期か寂しがっているか、

というのが主な理由なんです。

発情期に入っている場合は、早めに去勢や避妊手術を受けさせ、

寂しがっている場合は、日中にたくさん構ってあげるべし!

連れてきたばかりの子猫なら、

親兄弟の匂いがついたタオルをそばに置いてあげると良いですよ。

でも、単純に寂しがっているだけの場合は、

夜鳴きをしていても無視してOK!

そのうち諦めたり、飼い主さんのもとへやって来るなど、

自分で寂しくないようにしてくるので、問題ありませんよ。

我が家の猫もすっかり夜鳴きはしなくなり、

一緒に夜はベッドで眠るようになりました。

ぜひ夜鳴きの理由に応じて、無視をしてみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました