シャインマスカットの皮って食べて意味ある?栄養があるのか調べてみました!

生活
この記事は約4分で読めます。

シャインマスカットといえば、

2006年に品種登録された、

人気が高いブドウですよね。

酸味控えめで甘みが強いブドウであり、

香り高くジューシーな果肉、

そして皮ごと食べられることが特徴的。

海外では皮ごと果物を食すことが一般的で、

ブドウもその1つに挙げられます。

日本では馴染みがないかもしれませんが、

シャインマスカットの皮は薄めなので、

あまり気にすることなく食べられます。

また、シャインマスカットの皮には、

以下の栄養素が豊富に含まれています。

●ポリフェノール

●銅・カリウムなどのミネラル類

●ビタミンB1、B6など

美容・健康に効果が期待できる

栄養素ばかり。

しかも、果肉よりも皮の方に

栄養素が多く含まれているということで、

是非とも皮ごと食べたいですよね。

ですが、農薬が気になるという人も

少なくはないでしょう。

シャインマスカットで気になる

残留農薬を洗い落とす方法としては、

以下がおすすめです。

●流水で長めに洗う。

●野菜・果物の専用洗剤を使う。

●食用重曹を水に入れて 30秒ほどつけ置き洗いをする。

シャインマスカットの皮が硬いのはまだ熟れていない?なぜ硬くなっているの?

皮ごと食べられることが特徴の

シャインマスカットですが、

中には皮が厚めで硬いものもあるとか。

ですがこれは、成長過程において

高い糖度を目的に水分量を調節した結果、

皮に硬さが出るためです。

シャインマスカットの場合、

与える水分量が過剰となると

味がぼやけることになりますから、

その調節がなかなか困難とのこと。

とはいえ、皮が硬くても

熟していないというわけではなく、

十分に美味しく頂けます。

もちろん、皮の硬さが苦手な人には、

皮を剥いて果肉だけでも 美味しく頂けます。

シャインマスカットの皮は剥いたほうがいい?赤ちゃんに食べさせるときに注意することは?

シャインマスカットは、

赤ちゃんが苦手な酸味も控えめですから、

離乳食にもおすすめといえますね。

ですがやはり、いくつかのポイントに

注意する必要があります。

●無農薬を選ぶ。

農薬が気になる人は、

重曹で洗うことがおすすめです。

また、無農薬を選ぶこともおすすめ。

●皮や種は取り除くこと。

…皮ごと食せるシャインマスカットですが

赤ちゃん用には必ず皮を剥きましょう。

シャインマスカットは種無しですが、

念のため種もチェックしておきましょう。

●加熱してから与える。

…ブドウを赤ちゃんに与える場合、

しばらくは生のブドウではなく、

加熱した状態で与えることがおすすめ。

加熱によって、手で剥いたり

種をチェックしたりと処理したことが

殺菌できるというメリットがあります。

また、アレルギー反応が生じにくい、

甘みが増すといったことも挙げられます。

下処理済みシャインマスカットを

分量における2~3倍の水とともに

煮ることがおすすめです。

電子レンジ加熱の場合も、

同じく水分とともに加熱しましょう。

●アレルギーに要注意。

…食物アレルギーのこともありますから、

他食材と合わせて、少量からスタート。

万一食後の赤ちゃんに変化が見られたら

すぐにかかりつけ医にご相談を。

●喉が詰まらないように配慮を。

…シャインマスカットは

赤ちゃんにとってかなりの大粒。

幼児期であっても、必ず小さく切り

食べる時もそばで大人が見守ることが

大切です。

赤ちゃんには裏ごし器などで

ピューレ状態にすることがおすすめ。

●果汁は薄める。

…絞った果汁を与えるには、

湯冷ましで2~3倍に薄めましょう。

果汁はお楽しみとして

たまに与えるものです。

それでも薄めた果汁は、

月齢によって20~50mlを目安に、

少量だけにしておきましょう。

●乳幼児用ヨーグルトとMIXもおすすめ。

シャインマスカットは、

酸味が控えめのブドウとはいえ、

赤ちゃんによっては苦手な場合も。

赤ちゃんが食べにくそうにしている場合は、

乳幼児用ヨーグルトと混ぜてから

与えるのもおすすめです。

まとめ

皮ごと食べられて、

豊富な栄養素も美味しく摂取できる

シャインマスカット。

特に多くの女性が望む

アンチエイジング効果が期待できますから

シーズンには積極的に食べたいですよね。

とはいえ、赤ちゃんに与える場合には、 皮を剥くなど、注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました