結婚の顔合わせにダメな服装とは!?当日失敗しない服装の選び方!!

生活
この記事は約4分で読めます。

プロポーズがあり二人の中で結婚が決まると、

入籍の前にやらなくてはならないことがいくつかあります。

その内の一つに両家の顔合わせがあります。

両家顔合わせとは、結婚により両家につながりが生まれるため、

お互いの家族を紹介するイベントです。

そこで両家が結納や結婚までの流れを打ち合わせしたり、

結納のかわりに少し気楽にレストラン等で食事を行う

顔合わせ食事会もあります。

場所、流れなど考えることはたくさんありますが、

その中でも悩むのは当日の服装ですよね。

自分の個性を知ってもらうために好きな服を着ていこう!

というわけにもいかず、

顔合わせには相応しくないNGな服装というのが存在します。

カジュアル過ぎる服装、露出の多い服装などは相応しくないと言えます。

当日、服装で大失敗した~とならないように

NGな服装は避けるようにしましょう。

実は間違ってやっちゃてるかも⁉結婚の両親顔合わせでダメな服装の格好

顔合わせでは「清潔感があり、清楚で上品な格好」が

相応しいと言えます。

そのため、その逆の格好は顔合わせには相応しくありません。

では、どんな服装を避けた方がいいのでしょうか。

カジュアル過ぎる服装はNG

Tシャツ、ジーンズ、普段着用しているスカートなどは、

確かに動きやすいですし、堅苦しくなく付き合いたい気持ちの

現れともとれますが、

相手の両親がマナーを重んじるタイプの場合は特に

避けた方がいい服装です。

露出の多い服装はNG

オフショルダーの服や胸元の大きく開いた服、短いスカートなどは、

普段は素敵でも顔合わせの場では相応しくありません。

どうしてもオフショルダーや胸元の開いた服を着たいときは、

ショールやボレロ、ジャケットをはおるなどして、

露出を抑えるようにするといいと思います。

派手な服装はNG

色が派手だったり、スパンコールが全体についている服装も

顔合わせでは相応しくありません。

落ち着いた顔合わせになりませんし、

相手の両親に「派手な子なんだな。」という印象を

与えてしまう可能性があります。

個性的過ぎる服装はNG

個性があるのはとても素晴らしいことで、

相手の両親にも知ってもらいたいと思うかもしれませんが、

顔合わせの場では相応しくありません。

自分の好みの服を知ってもらうのは、

顔合わせが終わり、もっと関係が深まってからがいいでしょう。

素足・サンダル・ブーツ・大き過ぎたり派手なアクセサリーはNG

ついついやってしまいがちなのが、夏の時期の素足やサンダル。

どうしてもカジュアルな印象があり、避けた方がいいです。

また、寒い時期のブーツもカジュアルな印象を与えます。

避けた方が無難でしょう。

アクセサリーにも気を配りましょう。

大きくて派手なアクセサリーをジャラジャラつけているのは、 派手な印象を与えてしまうのでやめましょう。

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

今まではNGな服装を述べてきましたが、

では、どのような服装が好ましいのでしょうか。

それは、「清潔感・清楚さ・上品さ」を兼ね備えた服装です。

また、会場がどこであるのかも重要になります。

基本的にはどこであってもワンピースやスーツ、落ち着いたデザインの

パーティードレスなどで大丈夫です。

せかっくの顔合わせなので黒や紺よりも明るい色を選びましょう。

また、日本料亭で行う場合などは着物もよいでしょう。

相手の両親がマナーを重んじるタイプの場合、

好印象をもたれる場合もあります。

ただ、着物の準備は大変なので、そこまではちょっと・・・という人は、

料亭であってもワンピースなどで充分です。

また、両家どちらかの家で開催する場合でも

カジュアルな格好を避けワンピースなどを着用しましょう。

足元は素足を避けストッキングを着用し、

靴はつま先やかかとの開いていないパンプスがいいでしょう。

アクセサリーも派手なものを避け、

パールやダイヤの小ぶりなものをさりげなくつけましょう。

また、普段はノーメイクの人もきちんと化粧をしましょう。

化粧は肌を明るく見せ、あなたをより魅力的にしてくれます。

派手なメイクではなく、上品な印象を与えるように色味も考えましょう。

まとめ

今回、顔合わせのNGな服装を述べてきましたが、

これは一般的な場合においてです。

両家で顔合わせを誰が主導で行うのかを話し合い、

服装のすり合わせも行った方が良いでしょう。

一方は正装なのに、もう一方はカジュアルな服装で来てしまった場合

恥をかかせてしまいます。

その上で、私はこういう服を着ていく予定ですと予め言ってしまうのも手です。

両家がそれに合わせてくれて、自分だけ浮くということが

避けられると思います。

顔合わせは両家をつなぐ大切なイベントです。

服装にもこだわり、ぜひ両家にとって素敵な思い出となるように 準備から楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました