ひろゆきはなぜフランスに住んでいるのか?嫁さんや子供と一緒?海外に住む理由を調べてみました!

トレンド
この記事は約5分で読めます。

西村博之(ひろゆき)さんは現在フランス在住ですがなぜフランスにいるのか気になりませんか?
今はコロナ禍でテレビ出演もリモートで出ていますね。また、ひろゆきのYouTubeチャンネルで質問者に答える動画もかなり面白いです。書籍「1%の努力」も好評みたいですね。僕も早速買って読みました。新刊は「僕が親ならこう育てるね」が出ます。そんなひろゆきさんですが、なぜ、フランスに住んでいるのか?フランス語は話せるのか?嫁さんや子供さんとの生活など海外に住む理由を調べてみました。

なぜフランスに住んでいるのか?

ひろゆきさんは現在フランスで住んでいますがなぜ海外なのか?

海外の中でもフランスを選んだのか?気になりませんか?

ひろゆきさんはメディアでも独自の切り口、感性で話しをされていますが海外を選んだ理由は日本の仕事をしなくてよくなってきたから外国に住もうと決めたようです。

確かにそうですね。日本にいなくてもYouTubeやTwitterなどで発信したり、本を書いたりと日本にいるかのような存在感があります。なぜフランスを選んだのかというとフランス語ができるようになるとビジネスが広がるという理由があるみたいです。フランス語って英語よりもハードルが高く、ビジネスにおいて言葉の価値があるということみたいです。

そんなひろゆきさんの考え方だけではない別の理由もあるようです。

実は、ひろゆきさんが日本を離れたのは2ちゃんねるの損害賠償金から逃れるためだったようです。

ひろゆきさんはこれまではいくら裁判で負けようとも銀行口座を特定されて差し押さえされなければいいだけだった。日本の法律の抜け穴を利用して、さらにパケットモンスター社などの海外ペーパーカンパニーをダミー会社にすることで資産状況を特定されないように対策をとってきたようです。
しかし、法律が変わり、損害賠償金を強制的に取られるようになったため、ひろゆきさんはフランスに移住を決めたようです。

裁判の内容ですが「2ちゃんねるの投稿に対する削除要請に従わない場合、1日5万円を支払うよう裁判で判決が出て、ほっておくと1日5万円加算されていって、累積で30億くらいになった」とひろゆきさんは言っています。
「払わずに10年経つと時効になってゼロになる」
「不動産所有とか、資産があることが証明されれば差し押さえられるんですけど、証明されなければとれないんです」と説明されていました。ひろゆきさんは放置し続け、現在では時効を迎えたとのことです。

嫁さんの存在は?

ひろゆきさんは結婚したくないと終始言っていました。

ひろゆきさん曰く「結婚どうでもいい派」みたいです。
が、彼女がラトビアのビザをとる時に、彼女のビザが結婚してないと出ないので
じゃあ結婚しよう、となってと語っていました。

結婚したお相手さんは植木由佳さんという方です。
漫画家として活躍されている女性です。


しかし、ひろゆきさんが結婚したのも別の理由があるようです。
実際はひろゆきさんは結婚した方が、ビザを取りやすく、
フランスに移住しやすいということがあるようです。

奥さんになった植木さんのためというより、自分の都合だった可能性もあります。

子供の存在は?

ひろゆきさんは子供はいない!という風に言っています。
ので、子供がいるというのはデマだったと言えます。
が、この奥さんの横にいるお子さんはひろゆきさんに似てないですか?

ひろゆきさんが子供がいないといったらいないかもしれませんが
子供がいるのにいない!ってひろゆきさんなら言いかねないとも思います。

ひろゆきさんらしく考え方と
子供も情報をネットに出されるのを嫌っている!
から子供はいないと言っている可能性はあります。

ひろゆきさんのフランスでの生活

ひろゆきさんのフランスでの生活ですが、フランス語はパリに在住してからアルファベットもわからない状態からスタートして今では話せるようになったみたいです。パリは山手線の内側の範囲のサイズなので移動は自転車。満員電車なんかにも乗らなくて良いので快適と言っています。
ひろゆきさんはフランスにいても日本で影響力があるので収入に困ることはなさそうですね。
年収3,000万円くらいといっていますが、フランスの生活ではほとんどお金を使わないようですね。

まとめ

ひろゆきはなぜフランスに住んでいるのか?について調べてみましたが、表向きに公表している理由と裏側の理由と2つあるように思います。ひろゆきさんらしいといえばらしいですが、1%の努力にもひろゆきさんの考え方が書かれているので是非読んでみてください。

【ひろゆき/切り抜き】副業したいひとにおすすめの動画

トレンドブログの書き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました