電動自転車の子供乗せはいつからいつまで?知らずに損するメリットとデメリット

生活
この記事は約3分で読めます。

重い荷物を運ぶ時や、坂道でも楽に走ることのできる

電動自転車は子育て真最中の親の強い味方になって

くれます!

子供連れの買い物や幼稚園の送り迎えでも大活躍

してくれるので、購入を考えている方も多いのでは

ないでしょうか。

とは言え、幼稚園の送り迎えをする期間は決まって

います。

そして、シティサイクルと言われる一般的な自転車

と比べると高価な場合が多く、購入を躊躇してしまって

いる方もいるでしょう。

子供の年齢などもよく検討したうえで購入しなくては、

後で後悔してしまうことにもなりかねません。

そこで、今回は電動自転車に乗せられる子供の年齢や

電動自転車を購入するメリットとデメリットをご紹介いたします!

電動自転車の子供乗せはいつからいつまで大丈夫か?

電動自転車の座席に乗せられる子供は前座席の場合も

後部座席の場合も体重や年齢に制限が設けられています。

前座席の場合は年齢制限が1歳~4歳まで、体重が

15㎏未満とされており後部座席の場合には年齢が

1歳~6歳、体重が約24kg未満とされています。

しかし、これらの年齢制限の詳細は各都道府県によって

ルールが異なる場合があるので、実際にお住いの都道府県

のルールを確認しそのルールに従うようにしましょう。

体重制限については電動自転車メーカー共通の規格で

決まっているもので、子供を乗せる座席や取扱説明書にも

表記されています。

これは、安全に走行できる範囲がその制限内の体重であるという事

なので、お子さんを乗せる際には年齢よりも体重が制限範囲内で あるかを確認して乗せるようにしましょう。

これだけはチェックしたい!電動自転車の子供乗せのメリットとデメリット!

坂道も楽に走れて重い荷物や子供を乗せて出かける際に

とっても活躍してくれる電動自転車ですが、当然ながら

メリットだけではなくデメリットも存在します。

購入してから後悔してしまわないためにも、メリットとデメリット

両方をチェックしておきましょう!

<メリット>

•子供や荷物を乗せても楽に走れる

•上り坂でもきつくない

•一般的な自転車よりも楽に長距離を走れる

<デメリット>

•一般的な自転車よりも高価

•一般的な自転車よりも高価 自転車そのものが重い

•バッテリーの充電が面倒

メリットとデメリットを見てみると、様々なシーンで“楽”に走れる

という事が電動自転車のメリットではありますが、やはりバッテリー

が搭載されている分の価格や重量、充電の手間がデメリットに

なるようです。

実際に子供を乗せて移動する際には一般的な自転車よりも楽に

走行できるので、幼稚園の送り迎えや子供連れの買い物の時に

重宝します。

ですが、バッテリーを充電し忘れて外出先で充電切れになって

しまうとただ重たいだけの手押し車に早変わりして大変な目に

遭ってしまうのでバッテリーの残量を乗る前に確認する必要が

あります!

もしも、あなたが電動自転車を購入したら私のように充電の

し忘れがないように注意してくださいね!

まとめ

電動自転車は小さな子供を持つ親にとってはとっても便利な

移動手段になりますが、購入を検討中の場合には子供を乗せ

て走れる期間が限られている事も考慮しなくてはなりません。

もちろん、子供が乗れなくなっても買い物の荷物を運ぶ時に

電動自転車は役立つので子供を乗せる期間にこだわる必要は

ありません。

ですが、自転車での遠出や大荷物を運ぶ頻度が少なければ

電動自転車でなくてもいい場合もあります。

そして、電動自転車の購入は一般的な自転車を購入するより

も高価な買い物になってしまいます。

今回ご紹介した電動自転車のメリットとデメリットについても

是非参考にしていただき、購入する時のお役に立てて貰え

たらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました