賃貸でもDIYを楽しみたい!壁クロスに画鋲を刺して大丈夫!?退去時に綺麗に直す方法は?

生活
この記事は約4分で読めます。

一人暮らしのいいところといえば、自分の好きな空間にできるという点ですよね。

自分の趣味や、個性を集めていきながら、自分が落ち着いたり、住みやすい家にしていきたいものです。

しかし、賃貸に住んでいるということは、部屋を借りているということなので、持ち家とは違い、いくらか制限が生まれます。

例えば、「壁に穴を開けることは禁止」「壁紙を張り替えてはいけない」などという禁止事項があったり、退去時のクリーニングや修繕を約束する場合には許可されていたりなど、物件によりその状況は様々です。

修繕をすれば可能、という「原状回復の約束」があれば様々なことが許可されている賃貸物件ですが、今回は壁の画鋲の穴に着目し、本当に賃貸の物件の壁には穴を開けてはいけないのか?という疑問や、穴が開いた壁を綺麗に直す方法はあるのか?ということについて、解説していきたと思います。

画鋲で穴を開けることができたら、ポスターなどが貼れたりなどとDIYの幅はぐんと広がりますよね。 ぜひ、画鋲の穴に悩んでいる方、不安な方は参考にしてみてください!

【賃貸物件DIY】壁に画鋲をさしても大丈夫?

結論からお伝えすると、

「画鋲やフックなどでできた小さな穴や傷に関しては退去時の修復や弁償の義務はありません」

つまり、画鋲で壁に穴を開けていいということになります!

その理由としては、画鋲などの小さな穴に関しては、普通の生活の仕方により生じた自然な傷という部類になるためです。これらの普通の生活により生じる傷は「通常損耗(自然損耗)」と呼ばれています。基本的に、通常損耗とみなされる穴や傷についての修繕の負担はオーナーさん(大家さん)が行うという決まりになっているのです。

つまり、賃借人に修繕の義務はないため、修繕費としてのお金を支払わなくてもいいということになります。

※穴や傷の大きさにより、この通常損耗(自然消耗)の部類としてみなされないケースがあります。例えば、大きい額縁のものを飾る、重みのある何かを吊り下げる時に大きな穴ができてしまった、という場合になります。これらの穴や傷に関しては先ほどの「通常損耗(自然損耗)」の部類ではなく「特別損耗」というものになります。

この「特別損耗」とは、普通の生活の仕方以外の使用により生まれてしまう穴や傷のことをさします。その基準に関しては、壁紙の内側の下地ボード呼ばれる部分を傷つけてしまっている場合に特別損耗の部類に入ります。通常の使用方法では、ここまで奥深く傷はつかないために、賃借人が保証がすべきということになるのです。

賃貸の壁には、穴を開けても大丈夫ですが、何を使って穴を開けるのか、どのくらいの大きさの穴になり、何を取り付ける(飾る)のかということを注意することが大切ということになります。

【退去時にお金をかけたくない!】画鋲の穴を綺麗に修繕する方法とは?

前章で、画鋲の穴なら大丈夫とお話ししましたが、そうはいっても、穴を開けたまま退去をして何か言われていしまったり、費用がかかることになることに対して不安な気持ちがなくなるわけではありませんよね。

そこでここからは、そんな方々のために簡単にできる画鋲の穴を綺麗に塞ぐ方法について解説していきたいと思います。

〈方法その①爪楊枝とティッシュで穴を埋める〉

使う道具は何と「爪楊枝」「ティッシュ」のこの2つ!

信じられないと思いますが、これらの2つで画鋲の穴を綺麗に塞ぐことができるのです。また、これらはどの家庭にもあるものなので、手軽に揃えられると思います。

埋めたい穴に爪楊枝でティッシュを少しずつ詰めていきます。詰めやすいように、少しずつティッシュをちぎっていくと簡単に詰めることができます。何度か繰り返していくことにより、あっという間に穴が塞がっていきます◎

また、取れないようにしたいという方はティッシュで塞いだ穴の上からボンドで薄く蓋をするといいでしょう。ボンドは乾くと透明になるので、直したところがわかりにくくなります。

※ボンドで蓋をしなくても、ティッシュのみで穴は綺麗に塞がるので安心してください。

〈方法②市販のアイテムを使う〉

100均からホームセンターに、画鋲の穴専用の便利なグッズがあります。

チューブや、パテのようなものなど、形状は様々なので、自分の壁にあったものを選んで使いましょう。 しっかりと商品の説明書きを確認しながら作業をしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

賃貸物件の壁に画鋲で穴を開けてもいいのか?という疑問や、画鋲の穴を綺麗に塞ぐ方法についても紹介していきました。 すぐにできる簡単なものばかりですので、ぜひ実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました