猫の夜鳴きがうるさいけど理由がわからない!無視しても良い?対処方法を紹介!

生活
この記事は約3分で読めます。

静かな夜に猫の鳴き声が響いてしまうと、自分は我慢できたとしても近所への影響が心配になりますよね。

また、静かな分目立ってしまって、猫には言葉も通じないため止めることも理由を聞くことも難しいので困ってしまうと思います。 ここで今回は、そんな猫の夜泣きについての理由や、対処法を紹介していきます。

猫の夜鳴きの理由は様々!まずは原因を考えてみましょう!

結果からいうと、はっきりとした夜泣きの原因は明らかにはされていません。

ですが、考えられる原因としては、いくつかあるようです。

ここからは、一つ一つ取り上げていきながら解説していきたいと思います。

①猫の年齢による?

猫の夜鳴きは、「老猫」に多いといわれています。

※子猫にも、成猫にも夜鳴きをする可能性は十分にあります。

ですが、どうして「老猫」に多いのかというはっきりとした理由はまだ解明されていないようです。

可能性があるとされているのは、体の不調や五感の衰えによる不安などが挙げられるとのこと。

不安や不調で泣いているとしたら、悪化する前に発見して対処してあげたいですね。

発情期の興奮(避妊や去勢をしていない猫の場合)

この発情期による興奮での夜鳴きが可能性として多いとされているようです。

生理的現象は、生き物なのでしょうがないことであるともいえますね。

③高齢猫の場合、認知症の症状

④構って欲しい、注目行動によるもの

⑤身の回りの環境の不満、不安

新しい環境の場合の不安やストレスによるもの。(引越しなど)

環境の変化に敏感な猫もいるようです。

⑥トイレが汚い(掃除して欲しいとの要求)

⑦病気の症状

体の不調や、苦痛で夜鳴きをすることもあるようです。

特に、恒例の猫に関しては甲状腺機能亢進症、脳腫瘍、腎不全などの病気に注意が必要で、頻繁な夜泣きや、病気が疑われる場合には速やかに動物病院での診察が必要であるといえます。

⑧外に出たいという要求

猫の夜鳴きの対処方法は?あれこれ試してみる方法を紹介します!

猫の夜鳴きに悩んでいる人が実際にやっている対策も含めて、対処方法を紹介していきます。

ぜひ、今現在悩んでいる方は参考にしてみてください。

①環境を整える

猫が落ち着ける環境を整えてあげることで、夜鳴きを減らしていくのがいいでしょう。猫のプライベートスペースを作ったり、触れ合う時間を多くとって落ち着いて過ごせるようにしてあげるといいようです。

②原因を突き止めるためによく観察する

異常はないか、様子はどうかなど、行動や仕草に注目して様子を見ていくといいでしょう。観察していく上で食欲がなかったり、どこかをかばっているなどのことが見つかる可能性があります。

原因がわかると、それにあった対策ができるといえますね。

③日中にたくさん触れ合う時間を作る

日中にたくさん触れ合って気持ちを満たしていくことで、安心感を与えることができますよね。関わって欲しいという理由で夜鳴きをしているとしたら、少しずつ夜泣きも軽減していくでしょう。

④動物病院を受診する、専門家に相談する

専門家に診てもらうことにより、病気などの原因が見つかる可能性があります。その原因によって対処法などは異なるので、その猫の症状に合った対処法をするためにも相談することが大切であるといえます。 何かという原因がわかれば、飼い主の方も安心ですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

猫の夜鳴きに関する疑問は解消されたでしょうか?

猫は人間のように不調などを言葉にして伝えることが難しいので、飼い主が猫の気持ちを汲み取ったり、様子を観察して病院に連れていくなどの対応が必要だということがわかりましたね。

夜鳴きで悩んでいる方の不安が、この記事によって少しでも解消されますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました