ポインセチアの育て方は室内が良い?室外が良い?気温に合わせた育て方を紹介!

生活
この記事は約4分で読めます。

基本的に、赤と緑、白のクリスマスカラーである

美しいポインセチアには、「祝福」や「聖夜」、

「幸運」などの花言葉があることをご存知ですか?

まさにクリスマスにぴったりの花であり、

クリスマスギフトとして受け取ったことがある人も

珍しくはないですよね。

ですが、ポインセチアはなかなかデリケートで、

育て方が難しいもの。

しかも、クリスマスの花だからと

ポインセチアが冬の植物と思っている人も

結構いるのですよね。

実際には、メキシコ原産の熱帯植物であり、

冬が特に苦手な花なのです。

つまり、室内外両方で、 季節ごとに適した育て方が必要になるわけです。

ポインセチアの育て方で夏場はどうしたら良いか?

ではまず、ポインセチアの育て方、

夏の場合をご紹介しましょう。

熱帯植物ですから、日本の夏は育てやすいといえます。

ですが、日当たりの良い場所、室外に

放置すればいいというわけではありません。

あまり直射日光を当て過ぎると、

葉焼けの原因にもなってしまいます。

葉を大きく育てるためにも、日光は必要ですが、

風通しが良く直射日光が当たらない場所が最適。

そしてポインセチアは、気温が28℃を超えると、

わき芽を出さなくなってしまいます。

陽の光が最も強い11~15時では、

日陰に移動させることも大切なのです。

またポインセチアは適度な乾燥状態を好む植物なので、

土が乾燥しているかどうかを確認してから

水やりをするようにしましょう。

過度に水を与えてしまうと、根腐れを起こす可能性も。

特に日本は梅雨など湿度が高い時期もあり、 注意しなくてはいけませんね。

ポインセチアの育て方で冬場はどうしたら良いか?

クリスマスに飾りたいポインセチアですが、

既述通り、ベースは熱帯植物ですから

越冬を最も気にしておきたいものです。

うまく越冬ができれば、

翌年にも元気いっぱいの花を咲かせてくれるはず。

そこで気をつけたいことはやはり、

過度の水やりでしょう。

冬の時期には、土が湿った状態なのに

葉が弱々しくなってしまうこともあるのです。

それは、寒さからきているもの。

慌ててさらに水やりをしてしまうと、

根腐れする可能性大ですから要注意です。

土の状態を見ながら、

数日に1度の水やりでも大丈夫。

葉が弱っている状態と感じたら、

日当たりが良い場所へと

移動させてあげて下さいね。

そして、越冬には温度も気をつけましょう。

とにかく寒さが苦手ですから、

気温は最低でも

夜間で15℃以上を保つ必要があります。

もちろん、ポインセチアを越冬させるには、 室内で育てることがおすすめです。

ポインセチアの育て方で葉が落ちるときの対処法

ポインセチアを育てている間に、

葉が落ちる状態に気づくこともあるかもしれません。

ということで、葉が落ちる原因とその対策を

以下にご紹介します。

環境の急激な変化、日光不足

特に冬の間、室内の気温は

10~15℃以上を維持するようにしましょう。

寒さで葉が落ちることが多々なのです。

また日光不足も要注意。

冬の時期には、日当たりのよい窓辺で、

夜は部屋の中央で育ててあげて下さいね。

時期的には5月頃、新芽を確認したら

外の環境へと徐々に慣らしてあげましょう。

過度の乾燥と水やり

ポインセチアの育て方で、

鉢土の状態は常に重要視したいもの。

あまりに乾燥してしまうのもいけませんから、

完全に乾かないように水やりをしましょう。

また、水やりのし過ぎで

ポインセチアを枯らせてしまう人も多くいます。

冬は特に、根腐れ・葉落ちの原因になります。

葉がチリチリとした状態であれば、水不足です。

土が乾燥状態であるタイミングを見計らい、

水やりを行いましょう。

まとめ

クリスマスに不可欠なポインセチアは、

温かい環境を保ちながら育てることが大切です。

育てているうちに、葉が落ちることがあっても、

茎の状態がしっかりとしていれば、

越冬させて春に新芽が確認できるはず。

環境の変化や土の状態などを常にチェックしつつ、 最適な状態で育ててあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました