国際線で機内持ち込みの方法を紹介!ウェットティッシュは大丈夫!?

生活
この記事は約4分で読めます。

海外旅行や海外出張、私のように海外在住者など、

飛行機を利用する機会が多い人はいますよね。

そんな時に気になることといえば、

「国際線での航空機内持ち込み禁止物・危険物」

ではないでしょうか?

今は、世界で起こる様々な状況から、

除菌を心がけている人が少なくありませんが、

私もやはりその1人。

除菌用ウェットティッシュ

外出時の必須アイテムとなっているのです。

ただ、ウェットティッシュというだけに、

液体に浸かっているから

国際線の機内持ち込み禁止なのでは…?

もしあなたもそのように思われていたのなら

お悩み解消です。

ウェットティッシュとはいえ、

液体物の扱いにはならず、

機内持込制限対象外とされているのです。

もちろん、国内線でも大丈夫。

国際線への乗り継ぎで手荷物に入れたままでも

空港の保安検査にて

没収される不安は必要ありません。

赤ちゃんのおしりふきも

ウェットティッシュと同じですから 持ち込みしても問題なしです。

国際線での機内持ち込みの注意点

とはいえ、ウェットティッシュ以外にも、

除菌系アイテムはいろいろとあります。

事前に、国際線の機内持ち込みには

十分に注意しておきたいですよね。

例えば、液体・ジェルタイプ除菌系アイテムの

アルコール除菌剤やスプレー。

基本的に、機内持込制限対象の液体物とは、

液状やジェル状はもちろん、クリームやペースト系、

ミスト系も含まれています。

そして国際線の場合、容量100ml以内の容器に入れ、

透明なジッパー付プラスチック袋1つに保存することが

機内持ち込み方法のルールとなっています。

またプラスチック袋のサイズは

20cm✕20cmのマチなしが目安となっています。

マチありの袋を使用した場合、

1リットルを超える容量となってしまうため、

必ずマチなしを利用しましょう。

化粧水など化粧品、歯磨き粉、飲み物・食品といった

制限の対象となっている液体物は多くあります。

細やかなことでいえば、

リキッド・ジェルタイプの口紅も

制限がかかっているため要注意ですよ。

プラスチック袋の持ち込みも、

1人に1つとなっていますから、

目的地到着までに必要な分・個数だけを

準備するようにしましょう。

旅先で使用する分は、

スーツケースに入れて預け入れすればOKです。

ちなみに、液体でもベビー用ミルク・フード、

制限食や医薬品などは、

基本的に持込制限対象外となっています。

また、機内持ち込みの詳細については、

利用する航空会社の公式サイトなどで 事前にチェックしておくようにしましょう。

国際線で機内持ち込みする液体袋のおすすめアイテム

国際線で液体物を機内持ち込みするための

プラスチック袋でおすすめといえば、

やはりジップロックの袋でしょう。

【大容量】ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入

もちろん、ジップロックでなくても

マチなしジッパー付透明プラスチック袋ならOK。

ですが私のように、

ジップロックを日常使いしている人には

ジップロックが使いやすいですよね。

再封可能なことが条件ですから、

スライダータイプのジップロックでも大丈夫。

機内持ち込みの液体袋は、

1リットル以下の容量と決められていますから、

ジップロックのMサイズが最適ですよ。

ジップロックは、コンビニや100均など

多くのお店で取り扱っています。

空港へ行く前に準備しておくことが大切ですが、

万が一忘れてしまっても、

空港で販売されているのでご安心下さい。

ちなみに私は、スーツケースの中も

ジップロックだらけです。

気圧で未開封の袋類などが

破裂してしまうこともあるため、

ジップロックの中に入れているのです。

預け入れ用・持ち込み用、

どちらのウェットティッシュも

念の為ジップロックに入れています。

まとめ

私が留学で日本を発った時には、

機内持ち込みも今ほどの制限はありませんでした。

ですが今は、予防・安全対策の強化により、

制限がさらに厳しくなっています。

それも、誰もが安心して

空の旅を快適に過ごすためなのです。

1人1人が制限を守って

安心安全なフライトを満喫できるよう

心がけましょう。

汗拭きシートのおすすめはコレ!敏感肌の女子に使用感を聞いてみました!
夏の暑い時期。汗をかいてベタベタした肌をすっきりさせたいときに汗拭きシートで サッと拭くと気持ち良いですよね。ただ、敏感肌の人は 「自分の肌に合うか心配」 「初めて使うのは少し不安」 「出来れば無香料でアルコールフリーの方がいいな」 など色々確認したいことがあると思います。 今回は敏感肌の人でも安心して使えるアルコールフリータイプの汗拭きシートを紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました