【貯金がなくても転職したい!】タイミングや注意点は?

生活
この記事は約4分で読めます。

「転職」は、その人にとっての大きな決断であり、大きな転機です。

今の仕事環境、経済面、人間関係など、転職をする理由は人それぞれにあり、転職の決断をするということは、自分の環境を見つめ直すという面で、大切なことであるといえるでしょう。

転職は、決して簡単なことではありませんが、現状に不満を感じたり、働きにくさを感じている場合には、前向きに考えるべき内容でしょう。

しかしここで、もし貯金がなかったとしたら、みなさんならどうしますか?

転職を踏みとどまったり、遅らせる人も出てくると思います。

また、「貯金がない状態で転職ができるのか?」「転職をしても大丈夫?」という不安を抱えながらも転職を思い切る方もいるかもしれません。

そこで今回は、一人暮らしで貯金がない時でも転職はできるのか?という疑問や、貯金がない時の転職の意点について解説していきたいと思います。 転職を考えているけど迷っている方、貯金額に不安を感じている方などはぜひ参考にしてみてくださいね。

【一人暮らしの転職】貯金なしで転職はできるの?

まずは結論からお伝えします。

「貯金がなくても、転職をすることはできます!」

しかし、貯金がないの状態での転職には、いくつかの注意点や覚悟が必要となるでしょう。

貯金がない状態で転職をするために仕事を辞める/休む場合には、ある程度制限された金銭面の中で生活しなければいけません。また、計画性が必要になります。

転職活動中に仕事を辞める場合には収入が0になります。

そして、仕事を休む/減らす場合には収入が低くなります。

貯金がない場合の就職活動では、仕事を辞める/辞めないにかかわらず今の生活水準を今までよりもある程度落とした生活を送る必要があるということになります。

次章で、貯金なしでの転職時の具体的な注意点などについてお話ししていきたいとおもいます。

【一人暮らし貯金なしでの転職】知っておくべき注意点やタイミングは?

〈注意点①転職がすぐにできると思わないこと〉

転職は、次の転職先の難易度や、職種、転職の時期によって、自分が予定したように転職活動が進む場合もあれば、予想以上に長引いてしまい大変な思いをする可能性もあるでしょう。

その不安定な状況下で、貯金がないというさらに追い込まれている環境の中で過ごすということは、かなりの精神的なストレスになりかねないということを踏まえておきましょう。

また、慣れない生活に体調を崩してしまったりなどイレギュラーなことが起きたときに生活ができなくなってしまう可能性もあります。

あらかじめ、しっかりといくつかのパターンを予想し、大変なことも見越していきながらしっかりと計画を立てておくと安心でしょう。

〈注意点②転職時の費用について〉

転職をする際にかかるお金はありません。しかし、転職を希望する会社が遠い場合、交通費がかかってしまうでしょう。

その一方で、自宅の近くで転職先を探す場合には費用はかからないということになります。

しかしここで、転職時の費用がかからないからといって安心はできません。転職時の費用はかかりませんが、転職活動時の給料は低くなっている、またはなくなっていますので、どちらにしても生活の種順を落とさなければいけない状況にあることには変わりないのです。

〈転職時のポイント・タイミング〉

上記の注意点に伴って、それぞれのポイントやタイミングについて解説していきます。

①転職活動は難しい・スムーズに進まないという考えのもと動く

「転職活動は難しい」という考えをもっていることにより、イレギュラーなことが起きたり、スムーズに進まない場合でもつまづいたり、大きなストレスを感じることなく対応できるでしょう。自分の生活水準を見直して計画を立てたり、近くに頼れる人(家族などの身内や友達)がいるのなら状況を説明して、万が一の場合に助けてもうなど、声をかけておくと安心でしょう。

頼れる人が身近にいるか、という一つの大きな手段があるという場合には、貯金がなくても転職が可能でしょう。恵まれた絶好のチャンスということができます◎

もちろん、自分の力で転職をするということが一番望ましいですが、体調を崩した時など、自分の健康状態に関わる時などには、積極的に声をかけ、助けてもらうと安心ですね。

②転職時の低予算の中での生活の仕方

以前までの給料では払えていた家賃も、転職時の所得が低い/ない場合の経済力では支払いが難しくなる可能性もなきにしもあらずです。その場合には、引っ越しを検討する必要があります。家賃以外の固定費の節約が難しい場合には、食費などの削れる生活費の予算をぐっと下げながら計画的にやりくりをしていきましょう。

しかし、食費を極端に抑えてしまうと疲労や心労が重なり健康状態に大きく影響が出てしまいます。そのため、無理のない範囲で節約が可能な水道光熱費の節約を心がけるといいでしょう◎

まとめ

いかがだったでしょうか?

しっかり注意点や、タイミング(時期)などを把握した上で準備ができれば、安心して転職活動ができると思いますので、ぜひこの記事が少しでも参考になれば幸いです。 皆さんの転職を応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました