絵本

生活

2歳の言葉がはっきりしないのが気になる!親としての教え方ってどうしたらいい?

子育てをしているお母さん、お父さんの中で、 ・いつになったらしゃべるのか? ・しゃべっているけど、なんて言っているのか、はっきりしない・・・ という悩みや不安がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 2歳は、言葉をどんどん吸収している時期ですので、言葉の獲得・表現力には個人差があるといわれています。 とはいっても、保育園に通っている方、同い年のお子さんをお持ちのお友達がいる方など、いい意味でもそうではない意味でも、自分の子どもと比べる機会にはなるため、不安に思ってしまうこともありますよね。 そんな、お母さん、お父さんのために今回は、 「家庭でできる!子どもの言葉の引き出し方のポイント」 について解説していきたいと思います。
生活

2 歳の子の言葉がはっきりしていないのが気になる。 親としての教え方ってどうしたらよいの?

2歳くらいになると、早い子は「パパ、ねんね」とか 「わんわん、バイバイ」などの2語言葉を普通に話したり、 なんとなくでもママと会話が成り立っていたりする子も 周りにちらほら見かけたりします。 そんな中、自分の子供がほとんど話していなかったりすると ちょっと不安になることもありますよね。 でも、そんなに心配しなくても大丈夫です。 個人差はあっても、言葉自体が出ているのであれば 通常は次第に話せるようになっていくと言われています。 親としては、子供に早く言葉を覚えさせたくて ついつい頑張って「教えよう」としてしまいがちですが、 小児科の先生や、言語の専門家の方々の多くが 「子供の発達には個人差があるので、あまり子供の気持ちを無視して、 無理矢理教えないように」と言っています。 特に、子供の言葉の間違いを指摘して直させようとすることは、 子供が話すことをイヤになる原因になるようです。 それでは、どんな風に言葉を覚えさせてあげるのが 子供にとって良いのでしょうか?