有効期限

生活

eta(イータ)有効の有効期限がぎりぎりのときの対処方法

飛行機にてカナダ入国を希望する 短期滞在予定の外国籍渡航者を対象として、 2016年に電子渡航認証システムが導入されました。 日本からカナダに入国する場合も、 6ヶ月までという短期滞在予定の渡航者は、 ビザ免除で電子渡航認証(eTA)が必要になります。 もちろん、乗り継ぎでカナダの空港を利用する場合も eTA(イータ)が必要ですから、注意しておきましょう。 そしてもう1つ注意しておきたい点として、 そのeTAに有効期限があること。 有効期限の最長は、5年間となっています。 ただし、eTAを電子的にリンクさせている パスポートの有効期限が近づいている場合には、 eTAもその時点で失効となるのです。 とはいえ、eTAは再申請可能ですから、 有効期限がぎりぎり状態であっても ご心配は無用です。
生活

esta(エスタ)有効の有効期限がぎりぎりのときの対処方法

短期間での米国渡航で必要となる 入国審査制度のESTA(エスタ)。 2009年1月より義務化となった アメリカ渡航におけるビザ免除プログラムの 電子渡航認証システムです。 ESTAは、渡航目的が留学や就労など 専用ビザの申請対象ではない場合で、 アメリカ滞在90日以内の希望者が申請対象です。 ビザの取得なしでアメリカ入国を可能とする とても便利なシステムなのですが、 有効期限が設定されていることをご存知ですか? その期限は、ESTAの取得日より 2年間となっています。 とはいえ、ESTAの有効期限内であっても パスポートの期限が切れてしまえば ESTAも期限が切れてしまうため、要注意です。 こちらでは、ESTAの有効期限について 細やかな注意点や期限ぎりぎりとなった時の対処方法を ご紹介していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました