酸素吸入器と人工呼吸器って違いはどんなところ?使い方や効果を紹介します!

生活
この記事は約4分で読めます。

「酸素吸入器」と「人工呼吸器」についてみなさんは知っていますか?

最近注目されはじめてきた酸素吸入器ですが、「呼吸を促すもの」というイメージはなんとなくつくものの、はっきりとした違いや、人工呼吸器とどのような違いがあるということまで知っている方は少ないのではないかと思います。

そこで今回は酸素吸入器の気になるあれこれについて調査したので、一つずつ解説していきたいと思います。

ますはじめに、酸素吸入器と人工呼吸器について説明し、違いを明らかいしていきます。

【酸素吸入器】

咳や他の症状で安定し呼吸が難しく、体内に酸素を取り入れるのが困難な場合に酸素を取り入れるのを助けてくれるもの

この酸素吸入器には、メーカーなどにより違いがありますが、一定量の酸素が入っています。

使い方としては、吸入器のタイプによって異なりますが、鼻から通すチューブタイプのものや、マスクタイプのものなどそれぞれ種類があるので、用途や症状に合わせて選ぶことができます。

【人工呼吸器】

気管に管を通し、肺に酸素を直接送ってくれるものになります。呼吸を自力ですることが難しい場合に、人工呼吸を自動的に行うことが目的です。

主に病院など、専門家が使用するものですが、今では家庭用のものも発売されているようです。

家庭用のものは、バッテリー式で、鼻を覆えるマスクのような形のものを使用します。就寝時に軌道がふさがってしまわないように圧をかけ続けるという特徴があります。

酸素吸入器と人工呼吸器の違いとしては、「使用する対象者、状態」ということになります。

自分で呼吸ができる場合=酸素吸入器

自分での呼吸が難しい場合=人工呼吸器

ということがわかりましたね。 これらを使うことによって、呼吸が楽になったり、人工的に呼吸を促すことができるいえるでしょう

酸素吸入器を家庭用で使う場合の注意点や実際の効果はどうなのか調べてみました。

酸素吸入器を自宅で使う人も増えて来た一方で危険な事故も相次いでいるといいます。

ここからは、家庭で酸素吸入器を使うときの注意点について説明していきます。

〈安全な酸素吸引のために〇〇に注意!〉

酸素吸入時に増えている事故、それは「火災」です。 どうして火災が増えてしまっているのかというと、酸素自体は危険なものではないものの、発火を促す性質があります。そのため、火気が近くにあることにより発火してしまう恐れがあり、すでに起こってしまった事故の中でも火災が起こってしまい、死亡例もあるとのことです。

  1. 酸素吸入中にタバコを吸う行為
  2. ストーブのそばで酸素吸引をする
  3. ガスコンロに近づく
  4. 線香やろうそくを扱う

これらの行為は酸素吸入時には決してしないようにしてください。

また、家庭用の酸素吸入器の効果についての意見は様々であることが挙げられています。

「楽になった」「いざという時に安心」という意見もあれば、

「気休め程度にしかならない」「明らかな効果は感じられない」という意見もあります。 頼りすぎず、必要に応じて所有しておくと安心かもしれませんね。

酸素吸入器を買うか、レンタルか、費用を調べました。

それでは、この意見が様々である酸素吸入器ですが、購入するかレンタルするか、費用を比較してみました。 ぜひ、迷っている方は参考にしてみてくださいね。

購入の場合

価格は、性能や大きさ、酸素の含有量により異なりますが2〜20万円ほどと値段はピンキリであることがわかりました。 コンパクトなものから、性能にマイナスイオンや霧化してくれるものなどもあるようなので、自分にあった吸入器の購入をおすすめします。

レンタルの場合

レンタルの場合、まずはレンタル期間を決めます。

一般的には一週間・一ヶ月・二ヶ月という期間が多いようです。

気になる価格ですが、一ヶ月約7500円〜ほどでしょう。

※在宅酸素療法として使う場合には、保険の適応があるため価格が変動します。
どのくらいの頻度で使う可能性があるのかを考え、購入にするのか、レンタルにするのか、ということを検討できるといいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

酸素吸入器の疑問について、ご理解いただくことはできましたでしょうか?

病気を抱えている人たちの在宅医療(在宅ケア)の関心が高まっている中、酸素吸入器のニーズも増えて来ているようです。

もしもの時の備えとして必要な可能性のある方は用意があると安心できるでしょう。

市販での提供と、もし通院している病院があるなら、病院で相談するのも一つの方法であるといえます。

保険が適応されたりなどと、費用も大きく変わってくるために、しっかりと確認できるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました