幹事必見!オンラインで忘年会。。さぁどうする?盛り上がる企画やアイデアを紹介!

生活
この記事は約5分で読めます。

今年の忘年会どうしよう!

コロナの感染者数が増減する中、

大勢の人がお店に集まるのはまだまだ

厳しい状況で、お悩みの幹事さんも

たくさんいるはず。

では、今年は思い切って

オンラインで忘年会をするのはどうでしょう!?

いつもと雰囲気が違って、

オンラインならではの楽しみ方も

たくさんありますよ🎵

今日はそんなオンライン忘年会の

余興やアイデアを紹介したいと思います。

オンラインで忘年会をするときに余興ってどんなのが良いか紹介します!

オンラインの余興ってどんなのがあるの?

初めてのオンライン忘年会で

なかなか余興が思いつかないのでは

ないでしょうか?

オンライン余興5選をお教えします。

①自己紹介を覚えよう!

このゲームは、参加する人数を決めておき、

1人ずつ自己紹介をしてもらいます。

それを次の人はどんどん覚えていきながら

自分の自己紹介を含めて次の人に回していきます。

例:)

一人目「私は釣りが好きです。」

二人目「私は釣りが好きです。私は猫を飼っています。」

三人目「私は釣りが好きです。私は猫を飼っています。

        私の身長は175センチです。」

などなど、どんどん自己紹介を

繋げていきましょう!

ゲーム性が高い上に、職場の人の

新たな一面が発見できるかもしれません。

②内輪ネタクイズ

幹事さんが、同じ会社の人なら分かる

クイズを作っても楽しいですよ。

例えば、

「廊下の床の柄はなんでしょう?」

など。

次に職場に行ったときに、

みんな確かめるのが楽しみになるはず。

③頭文字から想像ゲーム

こちらはオンラインならではのゲーム。

例えば、誰かが文字を1つ指定します。

「ま」がお題だとすると、他のゲーム参加者は

「ま」からはじまる物を探してくるゲームです。

まくらを持ってくる人や、マットを持ってくる人や…

同じ物を持ってきた人たちがいると

ゲームが盛り上がりますね🎵

④絵を描いて何か当てるゲーム!

単純ですが、とても楽しいゲームです。

誰かが絵を描いてそれが何なのかを当てるゲーム。

恐らく1人はいる画伯…。

もしくは奇抜な絵を出てくることもあるでしょう!

絵を見るだけで楽しめそうです。

⑤イントロクイズ

これはどこでもできる定番ネタですね。

幹事さんでもいいですし、誰か音楽が好きな方が

出題しても楽しいでしょう。

音楽を流して題名や歌手を当てるゲームです。

恐らく色んな年齢層の方がいるはずなので、 バランス良く音楽を選ぶことが盛り上がるコツです!

オンライン忘年会で失敗しないための注意点。

色々な余興を紹介しましたが、

オンラインならではの注意点もあります。

ここでは5つの注意点をご紹介します。

・ツールは何で行うのか

オンラインツールはいくつかあります。

忘年会を何で行うのかあらかじめ告知しておき、

初めて使う人もいるかもしれないので、

ある程度の使い方の説明は何かしらで伝えておきましょう。

ツールのやり方が分からなくて、

忘年会に参加したかったのにできなかった…とならないように、

あらかじめ準備をしてもらいましょう。

・行う場所は?

オンラインとなると、スマホなどがあれば

どこからでも繋ぐことができます。

セキュリティの観点から、どこから繋いでもOKにするのか、

自宅のみなどの場所を限定するのかなどはあらかじめ決めておきましょう。

職場の外に漏れてはいけない情報をクイズにする

場合などには特に注意が必要ですね。

・ビデオオンは必須にするのか、出入り自由なのか?

自宅からオンラインにした場合、

どこの家庭でもビデオをオンにすることが

できない可能性もあります。

また、小さい子どもがいた場合

ずっと画面の前に座っていることが難しい状況もあります。

ビデオはオフにしても良いのか、

出入り自由にするのかなどは

あらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

・全員話せる環境?

一人や決まった人が一方的に話している忘年会は

あまり楽しいものとは言えません。

せめてゲームのときなどでも

色々な人が話せる状況を作りましょう。

いっそのこと、時間を決めて

グループを作ってしまうのも一つの方法ですね。

終わる時間を決めておこう

オンラインだからとだらだらと続いてしまい

なかなか抜け出せない…となるのは避けたいですね。

〇時には一斉解散します。

と時間を決めておいた方がたくさんの人が

安心して参加することができるでしょう。

思い切ってタイムスケジュールを組むと より喜ばれるかもしれません🎵

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今年も忘年会はお預けか…と

思っている人たちにも、

新しい形の忘年会をおすすめします。

オンラインならではの忘年会で

気をつかう場面が減って、

これまでよりも楽しめるように

なるかもしれません。

酔っぱらってしまっても、 そのまま家で寝れることも魅力的ですね。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました