にんにくで風邪予防!気になる効能や、絶品レシピを大公開!

生活
この記事は約4分で読めます。

色々な料理に旨みのインパクトを与える「にんにく」。

ガツンとした味、風味が好きな方も多いのではないでしょうか?

そんな「にんにく」ですが、風邪を治す効果・風邪を予防する効果があることを皆さんは知っていますか?

美味しくて、風も予防できたら嬉しいですよね。 そこで今回は、そんな「にんにく」の効能や、絶品レシピを紹介します!
ぜひ、にんにく好きな方、風予防について気になっている方は、参考にしてみてくださいね。

【季節の変わり目】にんにくは風邪の予防・改善に効果があるって本当?

「にんにく」は、なんと昔から風邪を治す効果がある食材として注目されていた食材で、今まで様々な健康法、民間での治療方法として試されてきたといわれています。

にんにくが風邪の予防・改善にいいとされている理由は、にんにくの成分が関係しています。

ここからは、そんな「にんにく」に含まれる成分や、にんにくの効能について一つひとつ解説していきたいと思います。

【風邪の予防・早期治療】

にんにくには、免疫抗体の生産を促す効果があるといわれています。免疫細胞を刺激する働きがあるためです。このことから、風邪に対しての免疫を作ったり、風邪に負けない強い体づくりのサポートをしてくれるのです。

【不眠改善効果】

にんにくは、食欲を増す食材ともいわれていますが、にんにくが含まれた食材を食べ、栄養をしっかり取ることにより、不眠改善効果が期待できるとされています。

食事での栄養を十分に摂ることができないと、体の機能が衰え、不眠症につながると考えられているためです。

また、これらに関しては、にんにくが含まれているサプリメントを使った実験でも十分に効果が確認されているとか。

栄誉バランスを整え、免疫もついて、しっかりと眠ることができるという健康な体のサイクルが完成することにより、風邪に対しての予防・早期治療としての効果が期待できるというkとがわかりますね◎

にんにくの効能がわかったところで、気になる点は、「どのような食べ方でにんにくを摂取するのがいいのか?」という点ですよね。

にんにくの免疫力をよりアップさせる食べ方として推奨されている食べ方は、「煮る・焼く」という食べ方です。

この「煮る・焼く」という調理過程でSAC(S-アリルシステイン)や、アホエンという成分が生まれます。これらの成分が生まれることにより、免疫の増大・強化・炎症の抑制作用が期待できるとされています。 火を通さないとなかなか食べにくいにんにくですが、「煮る・焼く」という方法でなら、摂取しやすく、体にいい成分があるならば、一石二鳥ですよね◎

【簡単】にんにくの絶品レシピを紹介!

ここからは、そんな「にんにく」の簡単にできる絶品レシピをいくつか紹介していきます。

美味しくにんにくを食べていきながら、免疫力をアップさせていきましょう!

【ほっこりにんにく生姜スープ】

〈材料(2人分)〉

・卵 1個

・ネギ お好みで

・生姜(すりおろし) 小さじ2

・にんにく(すりおろし) 小さじ2

・塩胡椒 お好みで

〈作り方〉

① お湯を沸かす。その間にネギを刻んでおく

② 卵を溶いておく

③ ②に、にんにく、生姜を入れる

④ お湯が沸いたら③を入れて蓋をする。卵が固まったら塩胡椒で味付けをする

すぐにできるので、体調が悪い時などにもおすすめ!

体が温まり、元気になること間違いなし♪

【美味しくガツンと!にんにくの唐揚げ】

〈材料(2人分)〉

・にんにく 1玉

・サラダ油 適量

〈作り方〉

① にんにくは薄い皮を2枚ほど残して、小分けにしておく

② 180℃に油を熱し、きつね色になるまで揚げる

お好みで味付けをして召し上がれ!

お酒のおつまみやにもぴったりです。

【ホクホクにんにくのホイル焼き】

〈材料(2人分)〉

・にんにく 1玉

・オリーブオイル 小さじ2

・塩 適量

〈作り方〉

① にんにくの皮をむき、小分けにする

② アルミホイルを器の形する

③ ②に、にんにく・オリーブオイルを入れてアルミホイルの蓋をする

④ 10分ほど火を通す

簡単にできるのでおすすめです。 アルミホイルを使うことにより、洗い物の手間も省くことができます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

美味しくて、風邪予防にもなる一石二鳥な「にんにく」。

季節の変わり目で、体調を崩しやすくなる時期には特に、積極的に取り入れていきたいですね。 風邪予防が期待できるといっても、摂取のし過ぎは逆効果です。適切な量を取り入れていきながら、健康に過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました