冷凍コロッケの美味しく揚げる方法を公開!少ない油で揚げる方法からレンジでの調理方法も!

生活
この記事は約4分で読めます。

バラエティ豊かなレシピで、

様々な風味が楽しめるコロッケ。

まさに幅広い年齢層に大人気のおかずですよね。

でも、作るのは結構大変。

私のように、一度に多く作っておいて

冷凍保存している人は

珍しくないはずです。

もちろん、市販の冷凍コロッケを

常備している人も多いことでしょう。

忙しい時の夕食やお弁当で

もう一品ほしいという時に

冷凍コロッケは大活躍です。

ですが、冷凍コロッケの揚げ方によっては

破裂することもあり、

調理が怖いという人もいますよね。

揚げる時に破裂しにくい

冷凍コロッケを作るには、

ちょっとしたコツをマスターすればOKですよ。

まず冷凍用コロッケを作る時に、

タネの水分量を少なくすることが大切です。

衣を均一につける前に、タネは必ず

しっかりと冷ましておきましょう。

厚みも均一に作り、割れ目に注意すること、

そして十分冷ましてから冷凍することで、

安心安全、破裂しにくいコロッケのできあがりです。

では、しっかりと冷凍されたコロッケは、 どのようにして美味しく調理できるのでしょうか?

冷凍コロッケを少ない油で美味しく揚げる方法

市販の冷凍コロッケでは、大抵の場合

「冷凍のまま180~190℃の温度で揚げる」

といった注意書きがされています。

たっぷりの油でカラッと揚げることがコツですよね。

ですが、冷凍のままコロッケを揚げることも

破裂の原因になることがあるのです。

そこで、冷凍コロッケの真ん中が冷たく感じないほど

レンジで解凍、フライパンにて

少ない油で焼くこともおすすめです。

これなら破裂の心配もなく、

たっぷりの揚げ油を用意する必要もなし。

しかも少ない油で焼くということから、

ヘルシーな調理法といえますね。

また、冷凍コロッケをレンジ解凍せずに、

フライパンで焼く方法もおすすめです。

その方法とは、油を全面に引いたフライパンの中に

冷凍のままコロッケを並べて

その上からさらに冷たい油を注ぎます。

足す油は、コロッケの2/3ほどの高さまででOK。

その後フライパンを中火にかけ、

底面がきつね色になったらコロッケを返します。

両面にしっかりと焼き色がついたら完成です。

火にかける前に足す油は

必ず熱していない状態の油を使いましょう。

冷たい状態から調理すると

外はカリッとして中はジューシーな、

とても美味しいコロッケに仕上がります。

また、私の調理方法の1つでは、

冷凍コロッケをレンジで解凍してから、

オイルスプレーを利用して、

コロッケの全面に油をスプレーします。

満遍なくスプレーしたら、耐熱皿に並べて

オーブンで焼きます。

私はエアフライヤーを持っているので、

時折エアフライヤーで焼いたりもします。

カラッと仕上がってとても美味しくできます。

いろいろと試してみて、 是非お好みの調理法を見つけてみて下さい。

冷凍コロッケをレンジで美味しく解凍する方法

冷凍コロッケを少ない油で焼く場合、

事前にレンジで解凍しておく必要があります。

まず、冷凍コロッケを耐熱容器に並べましょう。

お持ちのレンジによっては、解凍機能がありますよね。

その機能を使うなら、全解凍、あるいは、

少し真ん中が冷たく感じるくらいでも大丈夫。

または、600Wのレンジで3~4分チンして

やわらか目にしましょう。

あくまでもやわらかくするだけで、

調理してしまわないように要注意。

その後フライパンに少量の油をひき、

焼いて下さいね。

ちなみに、冷凍コロッケの種類によっては

解凍も注意しなくてはいけません。

例えば冷凍クリームコロッケの場合。

クリームコロッケは水分が多めですから、

冷凍のまま揚げると、爆発する可能性大。

ですがレンジで解凍すると

中のクリームがとろけてしまうことも。

そこで冷凍クリームコロッケの場合は、

レンジを使うのではなく、

調理の前日に冷蔵庫へ移しておくことがおすすめです。

冷蔵庫でゆっくりと解凍すれば、 形を崩すことなく、その後の調理もしやすくなります。

まとめ

子供のおやつにも大人気で、

いつでもフレッシュが楽しめる冷凍コロッケ。

調理方法のコツを掴んで、

破裂知らずに調理したいなら、 是非とも今回ご紹介した方法を試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました