冷凍コロッケを調理すると爆発する?なぜ破裂してしまうのかを調べてみました!

生活
この記事は約4分で読めます。

おかずがちょっと足りない!という時に

とても便利な冷凍コロッケ。

ですが、揚げている間の爆発が怖くて

なかなか利用できない人もいますよね。

怖い上に、破裂してしまうと

内側までも余分な油が染み込み

美味しい仕上がりにならないものです。

ということで今回は、

冷凍コロッケの調理で爆発するのは なぜなのかを調べてみました。

冷凍コロッケが爆発する理由は・・・だった!これさえ注意すれば大丈夫!

冷凍コロッケが爆発する理由には、

コロッケのタネ作りにもあります。

マッシュしたポテトでタネ作りをすると

空気が入り込みやすくなります。

その後の冷凍で、タネ内の水分が

氷の粒を作ってしまいます。

揚げた時にタネの中にある気泡が膨張、

氷粒も水蒸気となり、体積を増やします。

揚げている間に、この空気や水蒸気は

温度が上がりにくい中央に集まり

爆発を起こすのです。

そんな爆発を回避する

コロッケのタネ作りでは、

以下のポイントを抑えておきましょう。

●じゃがいもは茹でるより蒸す。

…電子レンジ加熱をし、

熱いうちにマッシュすること。

冷えてからマッシュすると粘りが出て

水分が残りがちになります。

●冷凍前にしっかりと水分量を減らす。

…特にパン粉をつける前に冷蔵して

水分を抜いておきましょう。

●タネの厚さは均等にする。

…できる限りタネの厚さを均等にし、

表面に割れ目を作らないように

平たくしましょう。

●衣は全体的に、均一につける。

…衣が均一についているかどうかも、

爆発のリスクを下げる要因です。

●冷凍前に必ず冷蔵庫で冷やす。

…意外とこのステップを飛ばして

熱いまま冷凍する人も

少なくありません。

その場合霜がついてしまい、 水分量を増やすことになります。

冷凍コロッケが爆発する原因は?失敗しない美味しい揚げ方を大公開!

手作りの冷凍コロッケは、

タネ作りから注意をしておくことも

重要ですよね。

そして市販の冷凍コロッケも含め、

揚げる時にも爆発の原因となる

注意点があるのです。

では以下に、

失敗しない美味しい揚げ方の

ポイントを挙げておきます。

是非ご参考にして下さい。

●凍ったまま油に投入すること。

…冷たい状態で揚げると、

温度が一気に上ることなく、

蒸気圧抑制で爆発がしにくくなるのです。

タネ自体は火が通っていますから、

加熱をするというイメージで

揚げるといいでしょう。

●油の温度は180~190℃をキープ。

…油の温度は、高すぎても低すぎてもNGです。

180~190℃の一定温度を

保ちながら揚げましょう。

●揚げている間にコロッケを触るのはNG。

…焦げるのではと、気になって

コロッケを揚げている間に

つい触ってしまう人は多いことでしょう。

ですが揚げている最中のコロッケは、

とても壊れやすい状態にあります。

少し触っただけでキズができ、

気圧の影響で破裂を引き起こすことも。

美味しいコロッケにするには、

しっかりと衣が揚がるまで

我慢することも大切です。

●同時に揚げるのは2~3個まで。

…コロッケを低温で揚げると、

油っぽい仕上がりになってしまいます。

そして、一定温度がキープできない理由に

一度にたくさんのコロッケを

揚げすぎることも挙げられます。

お鍋いっぱいにコロッケを揚げると

温度を急激に下げる原因になるのです。

美味しく揚げるためには、

一度に揚げる量を

2~3個までにすることが大切です。

●きつね色を目安に裏返す。

…こんがりとしたきつね色になったら

裏返してOKです。

もちろん、触るのはその一度だけ。

裏面も同様にきつね色となれば、

美味しいコロッケのできあがりです。 揚げ時間は、大体5分を目安にしましょう。

まとめ

冷凍コロッケを揚げる際の爆発が理由で

なかなか利用できない人も

今回の記事を参考にして頂きたいです。

冷凍コロッケ、便利でお弁当にも

最適ですよね。

ちょっとしたコツをマスターするだけで

誰でも簡単に、

美味しく揚げることが可能です。

是非試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました