アートメイクって何?垢抜けたい方必見!流行りのアートメイクを大調査しました!

生活
この記事は約3分で読めます。

モデルやSNSのインフルエンサーなどから始まり、今では多くの人に注目されている「アートメイク」。

「名前は聞いたことがあってもいまいちよくわからない」

「眉毛のこと?」

などと、ざっくりとしたイメージはあるが、詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか

そこで今回は、今注目されているアートメイクについて紹介していきたいと思います。また、アートメイクのメリット・デメリットなどにも触れながら解説していきます。 アートメイクに興味がある方、疑問な方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも、アートメイクって何?刺青っていう噂は本当?

アートメイクを例えるにあたり、刺青が用いられることがありますが、アートメイクと刺青の違いは、ずっと肌にインクが残るか残らないかという点です。

アートメイクは、眉毛の皮膚の浅い部分にインクを注入していくことで、着色していくメイクの方法です。

永久に残るものではなく、およそ1〜3年で消えていくものとされています。

対して刺青は、永久に残るものとなりますので、ここが大きな違いということができます。

アートメイクは、アートメイクをして、インクが残っている期間は汗や水がかかっても落ちることがないため、常に入れたインクの色が出ているという状態になります。

寝起きや、お風呂上がりの時など、眉毛がきになる人が心配する時間にもしっかりと眉毛が残るので、これらの理由がアートメイクの人気な点の一つとなっています。

アートメイクのメリットやデメリットは何がある?

それでは、ここからはアートメイクのメリットやデメリットについて紹介していきます。何事にも、メリットやデメリットは存在しますが、アートメイクには、どのような点があるのでしょうか。

それぞれに分けて解説していきますので、確認してきましょう。

【メリット】

・毎日のメイクが楽になる

・眉毛がない/薄い人のガイドになる

・自分の利用の眉毛の形にすることができる

・外見の印象を変えることができる

・すっぴんの状態でも気にする必要がなくなる

・いつでも綺麗な眉毛の状態をキープすることができる

アートメイクをすることにより、特に女性にとっては嬉しいポイントばかりですよね。生まれつき持っている眉毛も形、毛量を調整して、理想の眉毛が仕上がるという点が特に人気の理由なのだとか。

【デメリット】

・一度やってしまったらしばらく落とすことができない

・失敗してしまっても、数年はそのまま過ごさなければいけない

・施術する人によって傷になってしまう場合がある

・施術する人/クリニックに差がある

・費用が高い

・肌に影響がある

・痛みが出る/痛みが引かない

・化膿してしまう

アートメイクでのデメリットは、自分の理想の眉毛に仕上がらなかった場合の取り返しがつかないことや、医療行為ならではの失敗点、体への影響が挙げられています。

また、一度完了したアートメイクを除去するためには、もちろん自分では不可能なため、専用の除去施術を受けなければなりません。

そうなるとアートメイクをする費用に加え、除去の費用、時間も大いに費やすことになります。アートメイクをする際には除去をするということがないようにしっかりとクリニックを選んだり、カウンセリングの時点でしっかりと相談することが大切です。

アートメイクは流行っている分、今では数多くのクリニックがアートメイクを行なっています。腕の確かな・安心できるクリニックを選ぶことにより、安心して施術を受けられたり、自分の利用の眉毛にすることができるということがいえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

眉毛は人の顔の印象において、一番大きく変化し、且つ重要なパーツの一つですよね。

垢抜けたい方以外にも、今では男性の間でも人気が出てきている「アートメイク」。 正しい知識をつけながら、後悔のない施術を受けるためにも、ぜひこの記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました