クレイジージャーニーに出演していた加藤先生の現在は?

トレンド
この記事は約3分で読めます。

「クレイジージャーニー」が特番で復活することが発表されました。

復活?と聞いて、なぜ番組終了したのか気になった人のために以前に番組が終了した経緯をお伝えします。

加藤英明先生とは(爬虫類ハンター)

静岡大講師の加藤英明さんが爬虫(はちゅう)類ハンターとして海外で生物を探すもの。TBSによると、8月14日夜9時からの2時間スペシャルと同日のレギュラー枠で、メキシコを訪れた企画を放送したところ、後日、外部から「自然に見つけたものではないのではないか」との指摘を受けた。
 調べると、事前に撮影場所を探したが目的の生物を発見できなかった場合は、制作会社のスタッフが現地の取材協力者に依頼して準備していた生物を放ち、捕獲したかのように撮影した。捕獲した生物6種類のうちメキシコサラマンダー、アリゲータートカゲ、メキシコドクトカゲ、ヘルメットイグアナの4種が用意したものだった。
 同様の企画の過去の放送を調べたところ、8月14日分のほかに計7回、11種類の生物をTBS社員が事前に準備していたことがわかった。この社員によると過去の分では加藤さんに事前に捕獲したものと伝えていなかった。

引用元:朝日新聞デジタル

加藤英明先生という爬虫類ハンターとして海外の生物を探す企画でやらせがあったということです。
やらせと演出ってテレビ番組制作では線引きが難しいところですよね。

加藤英明先生プロフィール

日本の爬虫類学者、生態学者(博士(農学))。
静岡大学教育学部講師。静岡県カメ自然誌研究センター代表。
生物の専門家としてテレビ出演、講演活動を行っている。静岡県焼津市出身。
爬虫類研究を専門にしており、世界50カ国以上の国々に赴き、現地で希少な爬虫類の捕獲を行う。
研究実績は、外来生物が日本の生態系へ与える影響など。
日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH‼︎』では、「グリル厄介」という企画に出演している。
増殖して日本の生態系に悪影響を与えている外来種を捕獲し、美味しく食べようという企画である。
『クレイジージャーニー』出演の際には「爬虫類ハンター」と呼ばれており、第44回放送文化基金賞の出演者賞を受賞した。

ウィキペディアより

加藤先生の現在は?

現在はユーチューブチャンネルで自身の活動を紹介していますね。

伊豆の温泉街の川を丸1日かけて捕獲調査した結果・・・貴重在来種と…異常繁殖・熱帯魚も!第一話≫生物ハンター加藤英明

元気に活動されていますね。

まとめ

クレイジージャーニーに出演していた加藤先生は現在も爬虫類学者として活動されていました。

クレイジージャーニーにサプライズ出演なんてことはあるんでしょうか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました